特定非営利活動法人 日本補完医療協会

日本補完医療協会は、補完医療の普及を目的として、
九州を中心に補完医療に関する講演会や地域医療の推進、
補完医療を実践できるセラピスト育成のためにセミナーの実施をサポートしています。

特定非営利活動法人 日本補完医療協会

設立趣旨



 すべての人々に対して、補完医療に関する正しい情報提供や調査研究活動、講習会の開催による、補完医療の普及啓発に関する事業を行い、医療・福祉の発展と人々の健康増進に寄与することを目的とする、特定非営利活動法人(Non-Profit-Organization)です。
 
 日本補完医療協会の英文名は、Japan Complementary Medicine Associationであり、略称をJCMAとします。

補完医療(Complementary Medicine)


 補完医療とは、英語でComplementary Medicineといい、現代医学(西洋医学)の医療システムを補うかたちで用いられる医療を指します。補完医療は、がんの治療の一部へ組み込まれるなど、アメリカや日本など、世界で広がりを見せています。

 アメリカ合衆国国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health: NCCIH)では、補完的健康アプローチ(補完医療)に鍼治療、瞑想、マッサージ療法、リラクゼーション法、脊椎マニピュレーション、中国伝統医学などを分類しています。


日本補完医療協会のミッション


 私たちは、この補完医療を普及させ、現代医学の医療システムの中で広く用いられるために、一般人を対象とした補完医療に関する講演会や個別相談や施術活動を行い、医療関係者に対しては、補完医療を実践できるセラピストの育成、それに関わる資格認定活動を推進していきます。 



”すべての人に最良の医療が受けられる環境を ”



 この言葉をスローガンとして、私たちの目標に賛同していただける団体や企業、個人の方々と協力して、目標達成に向けての活動を九州を中心として実施していきます。



協会認定資格について

 

 日本補完医療協会(JCMA)では、本協会でセミナーを受講し、一定基準を満たしたと判断されたセラピストに対して、協会認定の修了証や資格を付与しています。さまざまな分野の補完医療を実践できるセラピストの証明として、また技能の一定水準を保つ目的として活用されています。


オステオパシー プログラム/  Osteopathy Program




Diplomate in Osteopathic Manipulative Theory & Practice


 日本補完医療協会(JCMA)は、カナダ・オンタリオ州のオステオパシー専門教育機関 The Osteopathic College of Ontarioと提携し、九州地域を中心としてオステオパシー専門課程の実施、それに付随するオステオパシー教育活動、資格認定等を行っています。


DOMTP.com




寄付のお願い

特定非営利活動法人 日本補完医療協会

特定非営利活動法人 日本補完医療協会の活動への応援をお願いします。 ご寄付は、補完医療を普及させるべく、ホームページやFacebookでの情報提供、補完医療を実践するためのセミナー開催のサポート、地域医療のサポート事業に活用させていただきます。


お問合せ


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信